ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ

ゴムボート販売店の比較まとめサイト

HOME » ゴムボートを販売店で買う前に│購入後の豆知識 » 故障かな?と思ったら

故障かな?と思ったら

スターターロープが引けない


考えられる原因:
クラッチがニュートラルに入っていない。

エンジンをかけようとしてもスターターロープが引けない時、
何度もガコガコと引いてしまいがちですが、
(これをやると切れる可能性があるので要注意です。)
まずクラッチがニュートラルに入っているかをチェックしましょう。


これはエンジンの安全機能が働いているためで、
クラッチが前進や後進に入っていると、
安全のためにスターターロープが引けないようになっています。

この状態から再始動するときは必ず
スロットルが再始動位置にもどっていることを確認しましょう。
 

進まない


考えられる原因:シャーピン折れ

エンジンも動いていて、クラッチも入るのに前進できないときは
プロペラが回っているかを見ましょう。
プロペラ内のシャーピンが折れている可能性が高いです。


海上での修理は危険ですしできないので、
岸に戻るときはオールで漕ぎましょう。
(こういうときのためにオールは必ず積んでおきましょう)
 

エンジンがかからない


考えられる原因:
エアベント・燃料コックが閉まったまま

燃料キャップについているエアベントスクリューを
あけ忘れているパターンが考えられます。


最初はキャブレーターに残っていた燃料で
エンジンがかかっても突然止まったりします。
慌てず確認しましょう。
 

冷却水が出ない


考えられる原因:冷却水路詰まり

長期間使っていると塩が冷却水路内で溜まることがあります。
細くて硬い針金などでツンツン突いてみて水がでるようになるなら問題はありませんが
厳しいようなら買ったお店に聞いてみましょう。
(素人判断・自己解決は極力やめましょう。)

 
ページの先頭へ
HOME » ゴムボートを販売店で買う前に│購入後の豆知識 » 故障かな?と思ったら
ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ