ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ

ゴムボート販売店の比較まとめサイト

HOME » 買う前に読んでほしいゴムボート入門 » 安全について

安全について

実は一番安全なのはゴムボート

複数気室ゴムボートは空気を抜いたらすぐペシャンコになることから
一見脆そう、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、小型ボートの中で1番安全なのはゴムボートです。
救助艇として使われるのはそのためです。


水上ではエアチューブによる浮力に勝るものはありません。
万が一転覆したとしても必ず浮き上がる構造のため、
きちんとライフジャケットを装備していれば
デカイ浮き輪と同じでずっと浮いていることができます。


万が一ボートに穴が開いてしまった場合でも大丈夫。
ボート内の浮き袋は複数のエアフロアに区切られているため、ひとつに穴が開いても
残りの浮き袋が残っていれば浮き続けます。


「FPRボートなら穴が開かないから安全」と思う方もいるかもしれませんが、
それは大きな間違い。
浮沈構造を持つFRPボートも多く、確かに水没はしにくいかもしれません。
しかし、それはあくまで水没の話。
不意の大波に襲われた場合、海面に突き刺さり転覆してしまう危険性は
FRPボートの構造では回避できません。
安定性においてゴムボートに勝る構造は無いでしょう。
 

ゴムボートの弱点を克服するには?


安全性ナンバーワンのゴムボート。
唯一の弱点である穴開きさえ克服すれば完全なのですが、
「絶対に穴が開かないゴムボート」は現在のところ無いといっていいでしょう。
唯一ユーザーにできることは、安心できるメーカー・販売店を探すことのみです。
管理人のおすすめゴムボート販売店はこちらで紹介


完全に弱点を消すことはできませんが、
トップメーカーの製品は「簡単に穴が開かないゴムボート」であることは確かです。
アキレス製は4年間使い続けても、穴が開いたのは1回だけ、
ジョイクラフトではまだ未経験です。


使用年数によっては、表面の生地が劣化して破れやすくはなってしまうと思いますが、
頻繁に買い替えが必要な粗悪な製品ではありません。
トップメーカーの製品は確かに安くはありませんが、安全ですし安心感が得られるのです。


価格だけに惑わされて安物を手にするのは、あまりお勧めできません。
ましてやどこのメーカーのものかもわからない安ボートの中古品を、
オークションで買うことは自殺行為です。(オークションについてはこちら)
 

軽くて強いは大きな利点


車のエアーバッグを代表するように、圧縮された空気は衝撃を吸収して
柔軟に力を逃がすことが出来ます。
これはゴムボートでも同じこと。急流での川下りでも使用されているように、
大きな岩との衝突にも十分耐えられる「柔軟性」を備えています。


日ごろのボートフィッシングでは天候や波の具合に注意しているため、
なかなかありがたみを感じることはありませんが、
他船や消波ブロックへの衝突といった万が一の事態には強いはずです。
 

 
ページの先頭へ
HOME » 買う前に読んでほしいゴムボート入門 » 安全について
ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ