ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ

ゴムボート販売店の比較まとめサイト

HOME » 買う前に読んでほしいゴムボート入門 » ボートと一緒に買うべき必需品

ボートと一緒に買うべき必需品

ゴムボート本体だけでは危険です

ライフジャケットゴムボートは小型船舶免許がいらないので
誰でも気軽に海に出れるようになりましたが、
最低限の安全を確保する義務が船長にはあります。


平水区域でちゃぷちゃぷ浮かぶだけならともかく、
波のある海へ出るのであれば、ボートを買うとき
一緒に販売店で法定備品も備えておきましょう。


以前、手漕ぎボートで海に出た際、引き潮の力が強く沖の方へ流されかけた経験があります。
その時はライフジャケットの着用のみだったのですが、
もしこのまま戻れなかったらと思い背筋がゾっとしたものです。
万が一の安全のための備えはしっかりしておきましょう。

私はゴムボートを買った販売店でまとめ買いしました。
【ジョイクラフトショップドットコム 法定備品のページ】


【これは絶対最低限セット 】
■ライフジャケット
■救命浮環
■消火用バケツ
■信号紅炎2本(1セット)
■笛


【ここまであれば完璧セット】
■ライフジャケット
■救命浮環
■消火用バケツ
■信号紅炎2本(1セット)
■アンカー2.5kg
■ロープ40m
■笛
■黒球
 

船底を守るためにもランチングホイールは必須


ゴムボートの唯一の弱点である、突起物による穴あきを防ぐためにも
ランチングホイールは必須です。
ランチングホイールは陸上でゴムボートを移動させるときに使う車輪です。


後付け装備ですが、多くのショップでランチングホイール付きセットを用意されています。
手漕ぎ時代で唯一穴が開いたケースも、ホイールを付けておけば
防げたかもしれません・・・。
海岸に転がる貝殻は、強力な波の力でシャッフルされ、
鋭利な突起物となって無数に散乱しています。
船外機を付けた状態でその上を引きずれば、破ける危険度が上昇するのは当然。
 

ランチングホイールは船外機の真下に取り付けるもの。
船外機の荷重をそのまま両輪で受けてくれるので離着岸の際の安心感が違います。
ランチングホイールは2万円程度ですから、購入予算に予め含めておくといいでしょう。
 

 
ページの先頭へ
HOME » 買う前に読んでほしいゴムボート入門 » ボートと一緒に買うべき必需品
ジョイクラフトで海を滑走!ショップ選びやメンテナンスのまとめ